HELLO LETTER トップへ HELLO LETTER トップへ カテゴリ一覧へ カテゴリ一覧へ
HELLO LETTER トップへ HELLO LETTER カテゴリ一覧へ

サスティナブルってなあに?
vol.6 エネルギーをみんな、そしてクリーンに

INFO

サスティナブルビンゴのキーワードはページのいちばん下にあります!
1クイズ毎に1マスあけられるので、他のクイズにも挑戦してみてくださいね。


Q:最もエネルギー効率がよいクリーンエネルギーはどれ?

A:① 水力


SDGsの17個の目標(2030年までに持続可能でよりよい世界を目指すよう定めたもの)のうち、7つ目に掲げられているのが「エネルギーをみんな、そしてクリーンに」です。

石油や石炭などの化石燃料は環境への負担が大きいことに加え、その資源に限りがあります。日本人の一人当たりの電気の使用量は世界平均の2倍以上とも言われていますが、電気を生み出す石油や石炭などの資源のうち90%を輸入に頼っているのが現状です。しかし、限りある資源をこのままのペースで消費し続けるのは得策とはいえず、近年では、以前にも増して、再生可能エネルギーが注目されるようになりました。

再生可能エネルギーとは、太陽光や風力、水力、地熱など自然のなかでつくられ、くり返しずっと使えるエネルギーのことです。

再生可能エネルギーの中には、水の力で電気をつくる「水力エネルギー」、火山の熱で電気をつくる「地熱エネルギー」、風の力で電気をつくる「風力エネルギー」、植物などを加工して燃料にする「バイオエネルギー」、太陽の力で電気をつくる「太陽光エネルギー」などがあります。
中でも水力発電は、水が高い所から低い所へ流れ落ちることを利用し、水車と同じしくみで電気をつくります。通常、エネルギーを電力に変えるには無駄が出てしまうのですが、水力発電は約80%を電気に変えることができ、再生可能エネルギーのなかでは最も効率がよいと言われています。

最近では電力の民営化が進み、電力会社を選ぶことができるようになりました。この機会に、自分の家の電気消費が適当かどうか、家族みんなで話し合ってみてはいかがでしょうか。そうしたちょっとした行動が、資源の節約につながることもあるかもしれません。


【出典】
エネ百科 きみと未来と。
Looop Club
楽エネ


▶︎サスティナブルビンゴ キーワード◀︎
パイナップル
このキーワードを、ビンゴのマスに記入してね♪

INFOの他の記事