HELLO LETTER トップへ HELLO LETTER トップへ カテゴリ一覧へ カテゴリ一覧へ
HELLO LETTER トップへ HELLO LETTER カテゴリ一覧へ

胸焼けするほどに甘い映画を観よう!/202002

屋外映画部

映画好きによる映画好きのための激ゆる同好会『屋外映画部』。

月に一度ゆるゆる集まって、テーマに合わせてみんなで選んだ作品を観ながら、だんだんと更け行く夜を楽しんでいます。

2020年2月のテーマは【胸焼けするほどに甘い映画を観よう!】でした。 「そのテーマならこの映画!」というものを、事前にInstagramで募集。 投票形式で1本の映画にしぼっていきました!


▼フォロワーさんから寄せられた「胸焼けするほどに甘い映画8選 」▼
『プライドと偏見』(2005年/イギリス)


『ブルーバレンタイン』(2010年/アメリカ)


『gifted/ギフテッド』(2017年/アメリカ)


『プリティーウーマン』(1990年/アメリカ)


『あなたの名前を呼べたなら』(2018年/インド)


『アメリ』(2001年/フランス

『ショコラ』(2000年/アメリカ)

そして、投票でみんなが見たい映画1位に輝いたのはこちら!

『マイ・ブルーベリー・ナイツ』(2007年/香港・中国・フランス)


『アメリ』『プライドと偏見』『マイ・ブルーベリー・ナイツ』の3本で最終決戦となり、見事10票を獲得した『マイ・ブルーベリー・ナイツ』をみんなで観ることに決定しました!


▼『マイ・ブルーベリー・ナイツ』ってどんな映画??▼
主人公のエリザベスは、恋愛がうまくいかずに自信喪失気味。そんな時、ふと立ち寄ったカフェでオーナーのジェレミーと出会 い、頻繁に通うように。毎晩売れ残ってしまうブルーベリーパイを食べるエリザベスだが、なんとなくそこに自分自身を重ね合わせてしまう。ブルーベリーパイは間違いなく美味しい。でもチョコレートケーキに負けて売れ残る。そんなもやもやを抱きながら、彼女は自分を癒すため、旅に出ることに。旅の中で様々な人びとと出会うことで彼女が導き出した答えとは・・・。いくつかのショートストーリーに隠れ人のた温かさはもちろん、街並みや食べ物のシズル感など色彩豊かな映像も見どころです。

▼みんなの感想▼
PN せろり
★4つ
ゆったりと時間が流れて居る感じが良かった。リアルだなと思った。登場人物たちがみんな良い感じ。 色々な愛がつまっていた気がしました。

PN せろりフレンズ
★4つ
お互いが時間をかけて変わっていくのをゆったり見ることができるあたたかい恋愛映画だった。 色彩豊かで映像が美しくて見ていて楽しかった。

PN 僕
★3.5つ
初めてこういう系の映画を観て、観始める前はそれほど期待してなかったけれど、意外と面白かった(それほどおもいっきり恋愛じゃなかったから)それでも、もう一度観たいと思える映画だったから良かった。

PNおかきまる
★3.5つ
寂しさと傷を埋めるように感情に任せて始める恋愛は、きっと自分を次のステップに導いてはくれないということ、このままではまた始まってしまうことに、「ベス」はきっと気づいていたんだね。いやしかし、何がいいってナタリーポートマン!!後半だけの出演なのに圧倒的存在感。。最高!ごちそうさまでした。

▼当日の様子▼
1月の映画部が雨で不完全燃焼でしたが、2月は屋外で開催できました!超!気温は2-3℃だったと記憶していますが、寒さと戦いながら映画を観るという謎の遊びも、不思議とクセになるものです(笑)今回は映画が大好きな少年が、ご両親と一緒に遊びに来てくれました。屋外映画部は基本的にはオトナの遊び場ですが、こうやってたまに小学生が遊びに来てくれることも。ご両親曰く、結構ドキドキのきわどいシーンも、ホラーも歴史物も観てるんですよ〜とのこと。必要とあらば、周りの大人が説明やフォローをしてあげればいいだけのことで、年齢で見るべき作品を区切ってしまうのはもったいないよなぁ〜としみじみと感じていたスタッフなのでした。

次回3月のテーマは【目が腫れるほどに泣ける映画】。
2月20日頃からインスタグラムにて映画タイトルを募集&投票会を行います。 当日の映画部には参加できない方も、ぜひおすすめ映画があったら教えてください! 新年度の始まりに、元気の出る映画を観て気合いを入れたいものですね◎ 投票への参加も大歓迎です!

それではまた来月〜!

屋外映画部の他の記事