HELLO LETTER トップへ HELLO LETTER トップへ カテゴリ一覧へ カテゴリ一覧へ
HELLO LETTER トップへ HELLO LETTER カテゴリ一覧へ

vol.5
食材の選択肢を広げる

ぐるぐるサーカス

週に一食の菜食習慣からでOK!
野菜の美味しさを再確認してみない?

お肉を止めるなんてムリ絶対!というあなたに捧ぐ。
初心者さんのための「はじめの一歩」5選

□1.おいしい野菜と出会う
□2.お肉の代わりになる食材を選ぶ
□3.ジビエのお肉を選ぶ
□4.家畜の育て方に注目する
□5.おやつをロースィーツにしてみる

まずは週に1度。すこしだけ未来に目を向けて食材選びをしてみませんか?

お肉を食べることって地球にやさしくないの?

お肉自体が悪なわけではない

1|育っている環境を知る
異国の広大な大地には、先進国に輸出するための家畜を育てる施設がつくられ、食肉用の牛や豚、鶏たちが収容され飼育されています。
それらの家畜は、途上国の農場から運ばれてくる穀物を食べて大きくなり、やがて輸出されます。

家畜用の穀物のために、本来自分たちが食べる穀物を育てるための敷地すら奪われ、食糧危機に瀕している人々がいる。彼らが身を削る思いで育てたお肉を、わたしたちが大量に捨てしまっているという現実。そんな現実を無視してまで、余らせるほどのお肉を低コストで輸入する必要があるのかな?と、疑問に思う人もいるはず。育てる家畜の数を適正にすれば、おのずと必要な餌の量も減る。そうすれば、本来自分たちの食べる穀物を育てる面積をお返しすることができる。彼らの平穏な暮らしを奪う権利は、私たちにはないはずですよね。

そしてもうひとつ。
家畜(特に牛)の排泄物からは、多くのメタンガスが発生しているといわれていて、それが地球温暖化を加速させる原因の一つとしても挙げられています。牛さんだって好きでメタンガスを排出しているわけではないので、決して牛を責めたいわけではないのです。牛肉が好きだっていい。焼肉、おいしいもんね。でも、そんなに必要ですか?という疑問をただただ投げかけたいのです。

2|NOを伝えるためにできること
さて、ここまでの話をふまえて先に進みます。
vol.2「買い物の基準を見なおす」でも触れてきた通り、私たち消費者が「これがいいね!」「これは嫌だな」という意思表示を通して、「そんなに要らないよ〜」と伝えていくことで、全体の生産量にインパクトを与えられたらいいな、というのが私たちの気持ち。とってもとっても遠い道のりだとは分かってはいても、無視はできないなと思うのです。vol.4「身近な地域に目を向ける」では、輸送コストのお話もしましたね。
遠く離れた国の過酷な環境下(自然とは程遠い工業的な環境)で育てられた畜産肉を食べずとも、近場で健全な環境で育てられたお肉を選ぶ方がグッドチョイスな気がしてきませんか?もちろん良い環境を保つことでそれなりにコストは上がると思うので、ちょっと敷居が高くなるかもしれませんが…。
どちらのお肉に自分のお金を使いたいか。結局ここに話が戻ってきてしまいますね(笑)

3|0か100かではなく、美味しい代替案を
冒頭のタイトルに話は戻りますが、お肉が悪だと言いたいわけではないのです。
ヴィーガンのライフスタイルを送る人々の中には、動物愛護の観点からもお肉は絶対に食べないという方もいますが、その辺りの価値観にはもちろんグラデーションがあって当然。

一言にヴィーガンと言っても、週に一回はお肉を食べる人だったり、鶏肉だけはOKとしている人がいたり、蓋を開けてみるとスタンスはさまざま。どれが良くて、どれが悪いということはありません。自分がこれなら気持ちよく、楽しく、美味しく食事ができるなと思うパターンを選べばOK!

たとえば週に1回は、お肉を食べない日をつくってみよう!と思ったあなたには、まるでお肉!?なソイミート唐揚げ弁当もおすすめ。お肉メインのメニューを頼んだと思えば、同じぐらいの金額で、贅沢な野菜たっぷりランチが食べられます◎

逆に、お肉の回数を減らそう!と試みたあなたには、今までなかなか手が出なかった、地元で育ったちょっといいお肉をつかったランチがいいかもしれません。週に1-2回、せっかく食べるなら…という視点で選んでみると、食べたいものが変わってきませんか?

また、同じお肉を食べるなら、ジビエ肉という選択肢もあります。なかなか身近なお店で手に入らないことも多いですが、千葉県内では房総ジビエという言葉があるほど、親しまれている食用肉の一つ。お互いが生きていくための環境を守るために、仕留めざるを得なかった命。その命を決して無駄にせずにいただくという背景も含めて、ジビエという選択肢をひとつ、増やしていただけたらいいなと思います。

もっといろんな食材を食べてみたくなったあなたへ
これもヴィーガン!?おすすめ食材5選

□とろける豆乳チーズ
□ヴィーガンバター
□プラントベースアイス
□ヴィーガンエッグ
□ソイマヨネーズ
などなど…

えっ!?こんなものまで?というところまで食材の開発が進んでいます。
植物由来独特の豆臭さや、口当たりの悪さなどもなく食べやすいものばかり◎
最近では大手スーパーでも手に入るものが増えてきたので、見つけたら是非チャレンジしてみて!

ぐるぐるサーカスの他の記事