HELLO LETTER トップへ HELLO LETTER トップへ カテゴリ一覧へ カテゴリ一覧へ
HELLO LETTER トップへ HELLO LETTER カテゴリ一覧へ

vol.6
自然を身近に感じて暮らす

ぐるぐるサーカス

花や緑が教える季節の移ろい、鳥のさえずりに、虫の鳴き声。
最後に感じたのはいつですか?

都市に住んでいる人でも大丈夫◎
自然と仲良くなるための「はじめの一歩」3選

□1.部屋に切り花を飾ってみる
□2.野菜の苗を育ててみる
□3.近くの公園で日光浴してみる
□4.自然を取り戻すための取り組みを応援する

千葉県内でも、耕作放棄地となっていた場所の再生や里山の保全活動を行う中で、野菜やハーブを育てたり、養蜂を行うことで生態系の復活に寄与する企業や農家さんも増えています。HELLO GARDEN SHOPにて、こちらのラインナップもご覧いただけます◎

自然と仲良くなるってどういうこと?

ミミズだってオケラだってアメンボだって。

1|ここはみんなの星
いつからかこの地球という一つのホシが、自分たちだけの住処であるかのように、好き勝手に資源を使い、山を切り開き、水や空気を汚しながら、随分と偉くなったような顔で生きるようになった人間という生きもの。
自分たちの暮らしを豊かにするために、そのほかの生き物たちから豊かさを奪ってしまったことに気付いている人は、どれくらいいるでしょうか。

気付けば、都市の発展と共に自然を身近に感じられる環境もどんどんと減っていました。目に見えないものに愛を注ぎにくいのは人間の性。
でも、毎日私たちは自然が生み出す産物を頂きながら、命を繋いでいるということを、忘れちゃいけません。どこまで行っても、私たちは自然に生かされているということ。人間が彼らを生かすためにやれることなんて何ひとつないのに、奪ってばかり。小さいころは「みんなみんな生きているんだともだちなんだ」って歌っていたのにね。

2|まずは手のひらサイズの自然から
よしわかった!その他の生き物たちから奪いすぎちゃった分は、すぐに返してあげなきゃね!と思っても、借りてきた量が多すぎて、なかなか返すことができません。困ったな。そう、これはとても一人で背負える問題ではないのです。

でも諦めないで!今日はまず1輪の花を買って帰ることから始めてみよう。
次の日の朝「おはよう」と声をかけて、花瓶の水を替えてみて!2日目の朝には、つぼみが開いてきれいな姿を見せてくれるかも。
そうやってお世話をする中で、この子達もお腹が空いたら綺麗なお水をたっぷり飲んで、陽に当たると元気になることが手にとるようにわかるはず。人間と同じだね。たった一輪の花でも、私たちと同じように一生懸命生きていると思えたら、もうきっと他人事では済まないはず。

もっと自然と距離を縮めたい方のための
ステップアップ編2選

□1.種から野菜や花を育てる
□2.山や海、川などに行って広大な自然を感じる

1.苗から育てるだけでは物足りなくなってきた人には、種から苗をつくり、収穫までの道のりを楽しむのもおすすめ◎不揃いでも小さくても、実りを得たときの感動はひとしお!品種改良を加えていない「在来種」の種であれば、自分で種を採り、また翌年同じものを育てることもできます。種は繰り返し育てることで、その土地の情報を記憶し、どんどんと逞しく育てやすくなるので、肥料も減らすことができ、そういった意味でも地球に優しく、一石二鳥です!

2.時には思い切って、大自然を感じに出かけるのもいいですね◎
思いっきり太陽を浴び、綺麗な空気を吸うことで「この美しい自然を何年先も守りたい」「これ以上苦しめてはいけない」と、自然と気持ちが沸き上がってくるものです。山登りに興味を持った方がいましたら、是非「ベテラン登山家・寺川さんに聞く!登山のはじめかた」の記事も読んでみてください。
もうすぐ行楽シーズン。新しいレジャーを始めてみるには絶好のチャンスですね!

ぐるぐるサーカスの他の記事